明るい無職は農家になりたい

非農家無職33歳が農家を目指す。

便利すぎる世の中と依存する人々

文明社会バンザーーイ!!
な明るい無職です。


スマホとヘッドマウントディスプレイを生み出した現代社会に祝福を。


3Dを廃れさせた現代社会に呪いを

 


「とても便利な現代文明」

 

移動手段は自転車、バイク、車、電車、新幹線、飛行機。
遠くに行かなくてもメール、電話で連絡が取れ、物も宅配便で送れる。
本は全国に流通していて図書館で借りられ、電子書籍で家にいても買うことが可能。
動画は動画配信サイトで簡単に見られ、有料サイトなら映画も見られる。

 

しかもどのサービスも貧困層でも使える値段設定!
見てこの便利な世の中!

 

しかし思うのです。
この発達した文明は、果たして三十路で体力有り余る明るい無職のような人間のためにあるのだろうか?と。

 


「便利すぎな気もします」

 

明るい無職は映画が好きです。
少し前は映画館にもちょいちょい足を運んでいました。
が、最近の映画館は4DXという観客一体型のアトラクションのような映画が流行りです。流行ってるかは知らないですが。
まぁこれが向かない向かない(笑)

 

光ピカー!とか椅子ゴゴゴゴゴ!とか煙もくもくー!とか匂いフワフワー!とか水パシャパシャー!とかいらないyo!!

静かに映画見させてくれyooー!!

そんな訳で明るい無職はあまり映画館に行かなくなりました。

 

あとエスカレーターとかね。
便利です。必要です。
でも明るい無職は階段が好きです。運動になるから!
じゃあエスカレーターって誰のためにあるの?と考えると、元気が有り余っていない人のためです。

 

楽したいな、って時は勿論あって、エレベーターだってエスカレーターだって使うんですよ?

でも、楽したくない時も使ってませんか?って思うのですよ。

 


「介護」

 

祖母の介護してると本当に感動します。
寝たきりの人でも床ずれが出来ないように、姿勢を自動で変えてくれる自動ベット。
一日に必要な栄養を飲み物である程度補給してくれる栄養補助食品。
吸水力が凄く、ちょっとやそっとのオシッコじゃ漏れないオムツ。+防水シーツ。
寝たきりでも着替えが簡単なファスナー付きのパジャマ。
今となっては祖母には使えませんが、音声で反応しオフオンする電気。

 

どれもこれも素晴らしい技術です。
他にもありますが、これらが無い時代の介護はどれだけ大変だったでしょう。
今うちの祖母が長生きしているのも、家族で介護できているのも文明のおかげです。

介護する側も、あまり外出できませんが買い物は宅配スーパーもあります、娯楽はスマホで本も読めますし、Amazonプライムで映画も見れます。
確実にストレスを緩和してくれているのです。

 


「必要な物が必要な時に必要な場所に」

 

明るい無職は文明大好きですし感謝しまくりです!
在宅介護という地獄の一丁目が楽しく感じられるのは、確実に文明のおかげなのですから。スキマ時間を有効に使える高速の移動手段(バイク、車、なんなら自転車)のおかげで自由もありますし、必要ない時は歩いて買い物に行くのも楽しめています。

 

なのですが、どうも文明の無駄使いというか、必要でない人がそれを使い、必要な人が遠慮してしまう光景が多く目に付く気がします。
救急車を無駄に呼ぶ人みたいな感じです。
良い例えが浮かびませんが。

 

そんな訳で明るい無職は文明のある現代社会を全力で愛しています!
特に介護や福祉の業界に、その技術が活かされ、介護する側もされる側もユルユルと生きていけるようになって欲しいです。そうなる基盤は日本にあるのですから。

 

あって当然、貰えて当然と感じる心にブレーキを。と思う明るい無職でした。

まる。